プチパンジー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしき時代シリーズ 2

<<   作成日時 : 2015/08/30 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

懐かしい飲み物

昭和41年頃、大手メーカーの乳飲料では「雪印」「明治」「森永」。ジュースでは「バヤリース」炭酸飲料では「コカ・コーラ」「ファンタ」「三ツ矢サイダー」等がありました。殆どが瓶入りで自動販売機は普及しておらず「牛乳販売店」「菓子店」「酒屋」を見つけて購入するのが普通でした。又、今のように「ペットボトルのお茶」はなく夏は水筒を持ち歩くのが当たり前の時代でした。

ところで当時の実家には風呂がなく両親に連れられて近所の「銭湯」に通っていました。銭湯の脱衣所には必ずといって良いほど「冷蔵庫」が置かれていて様々な冷たい飲み物が販売されていました。

その銭湯で一度だけ「メロン牛乳」なるものを買って飲ませてもらった記憶があります。当時、牛乳をはじめとする乳飲料のふたは「まるい紙製」でした。しかし「メロン牛乳」のふたは「紙」ではなく「王冠」だったと思います。それも「直径の大きな王冠」でした。

「冷蔵庫」の背面にはメーカーの製品(瓶入りジュース)がずらりと並んだポスターが貼ってありました。そのメーカーのマークは「車輪に羽根が生えている」独特のものでした。後に大阪と和歌山(高野山など)を結ぶ私鉄「南海電車」の旧社章に似ている事に気が付きました。

50年近く「謎」だったのですが、ふと最近ネットで検索していたところこの疑問に答えてくれる「おふろドリンク」というサイトにたどりつくことができました。

メーカーの名前はは「共和」というそうです。マークは車輪ではなく「歯車に羽根」のようです。確かに南海電車の旧社章にそっくりです。懐かしい!最近の製品として「共和イチゴソーダ」「ハグルマソーダ」という炭酸飲料が紹介されています。残念ながら「共和」のサイトや近況は分かりませんでした。

おふろドリンク
参考:http://web1.kcn.jp/urouro-park/ofurod/senf00.html

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
懐かしき時代シリーズ 2 プチパンジー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる